ペットと快適に暮らしたい!ペット可物件の種類と選び方

家賃が安くなっていることもある!

ペット可物件で意外に多いのが、元々はペットが飼えない物件だったけれど、築年数が古くなったり、近年のペットブームでペットを飼う人が増えたことで、ペットを飼育できるようにした物件です。ペットを飼育することを目的とした物件ではないので、ペット可物件に多いフローリングではなく畳が敷かれていることが多くなっています。その一方で、築年数が古い物件などは家賃が安く抑えられていることが多いというメリットもあります。

ペット可物件はフローリングが使われていることが多い

もう一つが、最初からペットの飼育を許可されているペット可物件です。こうした物件は、畳ではなく床がフローリングになっていて、内装に傷や汚れが付きにくい材質が使われていることが多くなっています。物件によってはペットの足洗い場などの便利な設備が付いていることが多いのが特徴です。

ペット共生型物件なら安心してペットと暮らせる

最近増えているのが、ペット共生型物件と呼ばれるものです。ペット可物件はペットを飼わない人でも入居できるようになっていますが、ペット共生型物件はペットを飼育することを前提に建てられた物件なので、ペットと快適に暮らせるさまざまな設備が整っています。入居者は基本的にペットを飼育している人ばかりなので、ペットの鳴き声などに対して理解が得られやすく、ペットを飼いやすい環境と言えます。

自分に合ったペット可物件を選ぶ!

ペット可物件には大きく分けて以上のような3つのタイプがあります。どれもペットの飼育が許されているという共通点はありますが、それ以外の面ではそれぞれ違った特徴があるので、借りる場合はよく比較した上で自分に合ったペット可物件を選ぶようにして下さい。

旭川の賃貸物件は、ロードヒーティング付きのものを選びましょう。冬の車の出し入れが圧倒的にラクになります。