注文住宅はハウスメーカーで建てる?工務店で建てる?

注文住宅を建てる時はどこに注文する?

注文住宅を注文する時、大きく分けてハウスメーカーに注文する場合と工務店に注文する場合があります。どちらに注文するのが良いかは家づくりに何を求めるかによって変わります。

ハウスメーカーのメリット・デメリット

ハウスメーカーとは、一般的に全国規模で展開する住宅建設会社を指します。全国展開していることから施工可能な地域が多く、工務店よりも経営基盤が安定している傾向にあります。ある程度規格化された住宅を手がけることが多く、品質が安定していて職人による当たり外れが少ない傾向にあります。しかし、規格化されているので自由な設計に応じにくい場合があります。また、CMなどの広告費やモデルルームの維持費など、直接注文住宅の建築費に関わらない間接費用がかかる分割高になります。

工務店のメリット・デメリット

工務店とは、土木・建築に関わる仕事を行う店で、社長が一人で営業から職人までこなす小規模なところもあれば、フランチャイズに加盟して工法や資材調達は本部に任せるといった工務店、比較的大きな規模でモデルルームを持つような工務店もあります。工務店は基本的に自由設計なので、建物の強度や法律に反しない限り施工主の希望を反映した自由なプランが作成できます。また、大きな広告費をかけていないところが多いので、ハウスメーカーより費用が抑えられることが多いです。ただ、工務店によって職人の技術差があり、素人が良い工務店を見分けるのは難しいです。

何を重視するかによって注文先を決めよう!

多少費用が割高でも経営基盤の安定や建物の品質の安定を重視する場合はハウスメーカー、知り合いなどから良い工務店の情報を得られ、費用をあまりかけたくない場合は工務店が向いているといえます。

足立区の工務店なら、新築はもとより、リフォームをしたり、改築や増築などの住まいづくりを手伝ってくれます。