マイホームを購入する時にとても大切な資金計画

注文住宅を建てるならしっかり検討する

一戸建て住宅を購入する人もいれば、マンションを購入する人もいます。一戸建て住宅を購入する人は、一戸建て住宅の中でも注文住宅を建てる人も少なくありません。そんな注文住宅を建てる際、施主の希望通りの間取りにすることができますし、間取りだけではなくさまざまな資材も自由自在に選ぶことができ、快適な空間が出来上がるでしょう。ただ、一般的に建売の一戸建て住宅として販売されているような家に比べると、注文住宅はかなり費用がかかります。それもそのはず、施主の希望通りに家を建てていくので、それだけ時間がかかって人件費も資材費用もかかってくるからです。どんな家にしようか、家にばかり気を取られてしまいますが、家はもちろん大切ですが、それと同じぐらい大切なものがあります。それは、注文住宅を建てる時にかかってくる費用の資金計画です。かなり費用がかかるわけですから、しっかり資金計画を立てておかないと後々の返済が大変なことになるでしょう。

資金計画はどうやって立てるか

どれくらいのお金を住宅ローンで借りるか、ここが大きなポイントです。借りようと思えばかなりの金額を借りることができますが、限度額いっぱいまで借りてしまえば、返済が大変です。ですから、月々の返済額とボーナス時の返済額に無理のないような金額設定をして、何年で返済するかを決めます。その上でシミュレーションを行ってみると良いでしょう。このシミュレーションの結果でどれくらいの金額を住宅ローンで借りるのが妥当なのか、すぐにわかります。金融機関のホームページ等でシミュレーションを確認できるようになっています。

3000万の家を立てる場合は、どんな家にしたいかあらかじめ念入りに考えておく必要があります。全国で建てられている平均建築費用は3308万円のため、グレードアップには限りのある予算だといえます。