一戸建て感覚で使える!?テラスハウスの魅力をご紹介!

独立した庭やテラスが各戸に設置

テラスハウスと呼ぶ賃貸物件をチラシ広告で見た、部屋探しをしている人にとって、どのような物件なのか興味がある人も多いことでしょう。テラスハウスは複数の建物を繋げた形で建築が行われたもので、部屋は1階と2階の両方が提供され、各戸にはテラスおよび庭などが付いています。そのため、イメージとしては一戸建て住宅が横一列に繋がったようなもので、長屋建てや連続建て、連棟建てなどの呼び方もあります。テラスハウスのメリットの中には独立した土地に一戸建て住宅を建築するより、効率が良い土地利用が出来る、建築コストが下がるなどのメリットもあります。不動産投資を行う側にとっても、一戸建て感覚で使って貰えるので家賃を高めに設定出来る、新築時のコストも下げられるなどのメリットもあるわけです。

一戸建て感覚のアパート?

テラスハウスを購入する人も多いかと思われますが、売買物件よりも賃貸物件として提供が行われることが多いのがテラスハウスの特徴と言えましょう。購入する場合にはテラスハウスよりも完全な独立型でもある一戸建ての方が良いと考える人が多いためです。その反面、マイホームを購入するつもりはないけれども、気軽に借りることが出来る一戸建てはないかと考えた時、頭の中に浮かぶのがテラスハウス、2階建てになっているし、庭が付いているので家庭菜園を楽しめる魅力もありますよね。さらに、小さなお子さんがいる家庭などでも、縦方向は自分の家になるため、子供が部屋の中を走り回って階下の人に迷惑をかけてしまうなどもないわけです。そのため、テラスハウスは一戸建て感覚のアパートのように利用が出来る魅力を持ちます。

麻生の賃貸マンションやアパートはリーズナブルな家賃設定の物件が多いです。住みやすい地域でもあり、子育てにも向いています。