事前の計画が超大事!良い店舗デザインのコツ

どんなお店にしたい?まずは、そこが肝!

お店を繁盛させるには、店舗デザインが大事。でも具体的にどうすれば?ズバリ、良い店舗デザインのためには、事前のコンセプトメーキングが欠かせません。お店を利用するターゲットを想定し、ニーズを調査する必要があります。例えば主婦をターゲットにした雑貨屋なら、木の温かみを生かしたナチュラルなお店にしよう等、ターゲットに合わせたお店の雰囲気作りは非常に重要ですし、そのためには綿密なマーケティングが重要なのです。ここを明確にしないまま、何となく安いデザイン事務所に頼んで後は丸投げ、もしくは途中でやりたいことがブレてしまい、事務所を振り回した挙句、結局出来上がった店舗はイマイチ…といった悲劇を避けるためにも、この行程は大事にしましょう。

経営目線から見た、店舗デザインとは?

コンセプトやお店の雰囲気に加えて、照明の種類、BGMや静かさなどの音の環境、動線、居心地などの要素で店内での顧客の行動をコントロールすることで、回転率や客単価、売上などの経営上の数字の改善が可能になってきます。これは店舗デザインにおける機能的な側面であり、店舗経営において非常に重要な位置を占めています。お店の特性や数値目標をしっかり把握して、より機能性の高いお店づくりを意識しましょう。

こんなお店にしたい!決まったらデザイナーに相談

良いデザイナーは、実制作に入る前のコミュニケーションを非常に大切にします。その中で、どんなお店にしたいのか、何が必要で何が不要なのかといった事柄がより明確になるメリットもあるのです。すべてがオーナー好みのお店づくりも可能ですが、それではデザイナーと仕事をする意味は半減してしまいます。時間をかけて信頼のおけるデザイナーを探して、共に納得のいくお店づくりをすることを強くおすすめします!

店舗デザインとは、店舗内をデザインすることです。デザインにこだわることで、お店のコンセプトをわかりやすく伝えることができます。